タラバガニの人気の通販店をご紹介!


タラバガニの魅力は豪華さとダイナミックさにあります。繊細さにはズワイガニや毛がにには及ばないかもしれませんが、ガブッとかぶりつける手軽さと醍醐味は他の蟹の追随を許しません。あ〜食べた〜という満腹感・満足感は一番です、子供たちは大喜びしますよね。

脚のポーション

ポーション(部位)はとても便利です。タラバガニの脚のポーションはハサミで切れ目を入れてパカっと殻を外せば後はかじりつくだけです。しっかりした歯ごたえが大好きだという人も多いですね。それにポーションだと安価なものも多いのでお財布にも嬉しいです。年末年始など人が集まるご家庭ではとても重宝しますよ。

 

たらばがにの人気ポーションをご紹介しています!

タラバガニのしゃぶしゃぶ

先日、タラバガニとズワイガニのカニしゃぶしゃぶセットというのを通販で購入してみました。食べ比べというちょっとリッチ?な試みをしてみたわけです。しゃぶしゃぶはズワイガニの方が圧倒的に利用されるかと思うのですが、いやいや、タラバガニの方もなかなか美味でしたよ。とろけるようなズワイガニに対して、タラバの方はしっかりとした食感がありました。

 

たらばがにの人気商品をご紹介しています!

焼きガニ

ちょっとお高めの居酒屋や料理屋では人気のメニューの蟹を炭火などで焼いた料理は、お金さえあれば頻繁に食べたいですよね、美味しいですから。でも通販を利用すれば自宅で安く焼きガニをすることができます。焼くとなれば当然、タラバですよね。焼いたのが一番美味しいという人も多いのではないでしょうか。

 

たらばがにの人気ランキングが参考になります!

内子

北海道の居酒屋で人気のメニューが内子です。タラバガニを食べるなら絶対に内子!って人が北海道には多いのですよ。もしかしたら初耳でほとんど馴染みのない人も多いかもしれません。通販店では内子も扱っているお店があります。一度は食べてみて欲しいです。そのままでもお父さんの晩酌の肴になりますし、サラダなどの料理にも使いやすいのではないかと思います。

 

蟹の種類はいろいろとありますが年末や年始に一番食べたくなるのがタラバガニという人も多いはず。優良なかに通販店を利用してくださいね。

 

タラバガニの人気通販ランキングをご紹介しています!

 

タラバガニの内子と外子について

タラバガニの雌は、内子と外子という卵を持っています。内子と外子はどちらもタラバガニの卵として、珍味として扱われています。子持ちタラバガニなどと呼ばれている商品にも、内子と外子が含まれています。しかし、卵とは言いながらも、内子と外子は実際は別物です。

 

タラバガニの内子とは、雌の卵巣のことです。カニの甲羅の中に入っており、生の状態だと紫色っぽく見えて、ボイルした場合はオレンジ色になります。内子は塩漬けやしょうゆ漬けにして食べると美味です。しっかり水で洗ってから調理するのがポイントになります。外子は内子に対して雌のタラバガニの甲羅の外側にある卵です。卵巣である内子と比べても、外子のほうが正しい意味でのカニの卵でもあります。タラバガニの前掛けと呼ばれるお腹の部分にくっついているのが外子です。黒っぽい色で、房ごとになっている粒状の物体です。外子を食べる時の注意は、外子の筋は食べられないこと、塩水で洗い、しっかり水気を切ることです。タラバガニの外子を美味しく食べるには、しょうゆ漬けにしたり、わさび醤油や三杯酢やマヨネーズにつけたりするのがおすすめです。ポン酢もタラバガニの外子にピッタリの味付けになります。

 

タラバガニの人気通販店ランキング

函館浜海道

函館浜海道では各種のカニを取り扱っていますが、カニの王様と言えるタラバガニにも産地直送型通販専門店としての強みを発揮しています。その特長は、タラバガニだけで10を超えるカテゴリの品を取り揃えているところにあります。ボイルと冷凍の違い・部位の違い・値段の違いによって、様々な用途で活用出来ます。
例を挙げるとまず、訳あり品とされる脚部分のみを冷凍し、キログラム単位で纏めた商品があります。訳あり品とは言え商品の厳選はしっかり行っており、僅かな外観以外の問題はありません。価格が比較的安めとなっているので、自家用の消費にはピッタリです。
一方、贈答品として考えるのであれば姿のボイルが視野に入ります。こちらは最近では市場に出回るケースが少なくなっている、特大とされるサイズを取り扱っている事が特徴です。その容姿が齎す豪華感と身の詰まり、自然解凍のみで楽しめる手軽さは贈答先にも高い評価を得られるであろう品となっています。

 

かにまみれ

かにまみれのタラバガニは、容量が500グラムから3キログラムまで、いろいろと選べるのが特徴です。タラバガニを3キログラムと驚くかもしれませんが、タラバガニは甲羅や脚に入った状態で販売されるため、4人家族でもぺろりと食べることができる分量です。ひとり暮らしの人でも、お腹いっぱいタラバガニを食べたいときは、かにまみれの500グラムから1キログラム入りの商品が適量です。
かにまみれのタラバガニは、解凍してお刺身にしてもよし、炭火で炙ってもよし、そして鍋に入れてても美味しくいただけます。その秘密は、かにまみれが徹底した新鮮さにこだわっているためです。北海道や東北、北陸地方をまわって、鮮度が良いカニだけを買い付けているので、どんな料理に使っても美味しくいただけます。
冷凍ものは、刺し身にすると水っぽさが残るものですが、かにまみれはそうではありません。刺し身にしたときに、舌触りの良い食感と、噛むほどに溢れ出る旨味が楽しめると評判です。

 

かに本舗(匠本舗)

かに本舗(匠本舗)で人気が高いタラバガニは、社長や店長が自ら現地に足を運んで買付けしてくるので、高品質のものを安く買えるのが特徴です。かに通販業界のなかでも最大級の取り扱い量なので、どこに注文するよりも満足できる商品を届けてもらえます。
タラバガニは通常4Lサイズで大型といわれますが、かに本舗(匠本舗)なら10Lの特大サイズを購入できます。カニは鮮度によって美味しさが決まりますが、この通販で取り扱っているのは、漁獲直後に船内の瞬間凍結機で冷凍した新鮮なものなので、獲れたての味を楽しめます。殻なしは旨みが逃げて美味しくないですが、殻つきの肩脚で送られて来るので、誰が食べても味に満足することが出来ます。
最大級10Lの生本タラバガニ、肩脚1肩の価格は19,800円(税込)なので、家族みんなで食べたり、ギフトに送りたいときは注文するようにしてください。他にも、北海道紋別浜茹でタラバガニ姿、約1.2kg4,980円(税込)など、さまざまな商品があるので、予算に応じて選ぶようにしましょう。

 

釧路北釧水産

全国各地からお手軽にカニの通販が利用できる釧路北釧水産では、蟹の匠が厳選した本タラバガニを注文できます。1kg〜2kgの新物が入荷した今がチャンスです。自社工場で職人が丁寧に茹でており、ジューシーな食感を楽しめます。希少価値が高まっているタラバガニの姿で、新鮮な商品を購入できます。
釧路北釧水産はカニの卸業を本来の事業として行っていますので、目利きの実力は確かです。築地などの全国の市場に発送してきた実績を持ちます。カニが消費者の元に届くまでの一般的なルートとは違い、仲介業者があまり入っていないのが特徴です。
梱包にこだわりを持っており、季節や道路状況などを考慮しながら、中に入れる保冷剤の量を調整するなどして、鮮度を保ったまま安全に届けてくれます。1kgの商品なら1.3kg前後〜1.9kg前後まで細かく段階的に分かれており、1万1370円〜1万6620円の料金です。2kgも同様で、1万8370円〜2万5370円までの商品が用意されています。

 

北海道網走水産

北海道網走水産がお届けする、美味しい旬のタラバガニ。ゆでてよし、焼いてよし、鮮度抜群なので、もちろん生で食べても極上の味わいです。
タラバガニの旬は11月から2月。冬の寒い時期に、あったか〜いお鍋で食べるタラバガニは幸せの味、家族の味です。タラバガニの本場は北のオホーツク海。北海道網走水産では、産地直送、とれたての鮮度とうま味をぎゅっと凝縮して、皆様の食卓に直接お届けします。
見た目も豪華に、一尾まるまる注文して、豪勢にひとりで食べるもよし、家族みんなで食べるもよし。パーティーやファミリーには、食べやすくカットした蟹足もおすすめです。獲れたての蟹をすぐに茹で上げ、一気に冷凍しているので、自然解凍するだけでいつでも美味しく召し上がっていただけます。
北海道網走水産が自信をもっておすすめする本場の味。離れて暮らす息子や娘に、暖かい家族の味のおすそ分け。遠方に住む友人など、特別な方への贈り物にも最適です。

 

北海道地場の味

北海道地場の味では、専門担当員が対応してくれる親切なカニ通販サイトです。この通販サイトで取り扱うタラバガニですが、大きく分けて姿とボイル脚、ポーションの3種類を提供しているのが特徴です。姿はカニ1匹を丸ごと購入できる商品です。本タラバの雄を用意しており、2.0kg前後〜4.5kg前後の商品まで段階的に取り揃えています。3.7kg前後で5万5500円、4.5kg前後で6万7500円の高級品です。ボイル脚はその名の通り、脚だけを購入できる商品です。単位は1肩で、徳用2肩と3肩、4肩まで用意しています。肩の数が増えるほど割引料金が適用されるのが、北海道地場の味で購入するメリットです。800g前後と1.3kg前後、2kg前後があります。シュリンクパックで届けてくれるため、旨味が逃げません。ポーションは脚を1本ずつ分解したものをまとめて販売する商品です。むき身になっているため、取り扱いが楽です。500gと1kg、他にセット商品が用意されています。

 

かに吉

かには、鮮度がいのちです。そんな新鮮なかにを取り扱っているのが、通販会社の「かに吉」。「かに吉」は、北海道の卸問屋として、道内の市場や旅館、お寿司屋さんにもかにを卸しています。また、自社で工場ももっているので、水揚げされたかにをすぐに水槽に移して、職人さんたちが浜ゆでして鮮度を保っています。
そんな「かに吉」ではいろいろなかにを取り扱っていますが、一番人気は、毛ガニです。そして、その次に人気があるのがタラバガニです。タラバガニは、食べやすいので、大人から子供まで好きな人が多いカニです。
特にタラバガニの中でも特上の6Lの脚肉は、10,000円を超えますが、姿なら3キロクラスのカニの身がたっぷり入った脚だけを食べられるとても贅沢な一品となっています。この6Lの脚肉は、量なども様々な種類がありますが、一番人気がある商品でもあり。今年は、数が少なかったということもあり、限定商品、早いものがちの商品となっています。かにを食べたい人は、早めにチェックしておいた方がよさそうです。

 

らっしゃいかに

タラバガニは、かにの王様とも呼ばれ、常にその人気はトップクラスです。ぎっしり詰まったプリプリとした肉厚の身でありながら、濃厚かつ複雑な味は、大きな満足感を与えてくれます。なかでも、かに通販店「らっしゃいかに」のタラバガニは、通常ではなかなかお目にかからない大きさで、食べ応え抜群です。お客さまからの声でも、「塩加減も身の締まり具合も非常に良く、大きさにもびっくり。大変満足で大喜びでした。」などと大変好評を得ています。
「らっしゃいかに」の通販で、かにの匠が厳選した最高のタラバガニを、一年中お取り寄せすることができます。
「らっしゃいかに」では、定番の特大タラバ蟹、人気の超特大タラバ蟹に合わせて、自宅で新鮮なタラバ蟹を調理できる生タラバ蟹を用意しています。タラバガニをたらふく食べてタラバ三昧をするのも良ければ、タラバに合わせ、かに本来の繊細な味覚が楽しめるズワイガニ、クリーミーで人気のある毛ガニとのセットで、カニを楽しむのも良いでしょう。

 

マルゲン後藤水産

蟹を注文したみたけど身がほとんどなくて全然物足りなかった、そんな経験をしたことがある人は多いかと思います。そんな時におすすめなのが、かに通販点「マルゲン後藤水産」です。ここで販売しているタラバガニはとにかく大きいところが特徴です。さらに、身が端までしっかりと詰まっているので物足りないなんてことは絶対ありません。このタラバガニを食べた後は幸福感に包まれることでしょう。
また、アラスカ産ならではのプリプリの食感がたまりません。弾力のある食感で噛みしめれば噛みしめるほど甘みがでてきます。よく太いだけで味わいがまったくないタラバガニが存在しますが、マルゲン後藤水産で販売しているものに関してはそんなことはありません。
最初から最後までおいしくいただけます。冬になると美味しくなる蟹ですが、もう既に秋には予約が始まっています。早ければ早いほどお得な料金で購入することができるので早めに買いましょう。冬はぜひ蟹を楽しんでください。

 

タラバガニの美味しい食べ方

タラバガニの食べ方には刺身、茹で、焼き、しゃぶしゃぶなどと様々な物がありますがおすすめなのが火を通した食べ方です。もちろん活きの良いタラバガニは刺身でも十分美味しいのですが、鮮度が味の重要な決め手となるタラバガニは時間が経つと本来の甘みや旨みを十分に味わう事ができません。火を通す食べ方だと多少鮮度が落ちていても美味しく食べる事ができますし、食べ方も多様なのでタラバガニの美味しさを十分に味わう事が出来るのです。

 

タラバガニの最も有名な食べ方といえば茹でタラバガニでしょう。タラバガニのプリッとした食感と凝縮された甘みを味わう事ができます。
茹でるという食べ方で美味しいと一般的に知られているのが浜ゆでタラバです。浜ゆでタラバとは水揚げされてすぐ新鮮なままのタラバガニを港で茹でたものです。一度に沢山のカニを豪快に大鍋で茹で上げるのもです。鮮度が非常に良いものなので食感も味も良く多くの人に親しまれています。

 

浜ゆでタラバといった名称の冷凍物がよく通販などで出回っています。実際に現地に行く事のできない場合は便利で良いでしょうが、出来るだけ現地で浜ゆでされた直後のタラバガニを食べることをお勧めします。決して冷凍物が美味しくないというわけではありませんが、現地で食べる美味しいタラバガニに比べると冷凍されている分多少鮮度が落ちてしまいます。もし美味しいタラバガニを食べたいのならカニの本場で新鮮な浜ゆでタラバを食べるのが一番なのです。

 

たらばがにの人気通販店をご紹介しています!

タラバガニの旬

タラバガニの旬の時期は秋から冬にかけて、11月〜3月といわれています。それはオホーツク海から流れてくる流氷にのって豊富なプランクトンがタラバガニの生息する区域に流れ出し、それをタラバガニが餌にしていきます。豊富な栄養を取ったタラバガニは他の時期の物に比べて身の付きが良く、味も格段に良くなるのです。そのためタラバガニの旬である時期は多くの観光客、全国各地のカニ好き達が美味しいタラバガニを買い求めるのです。タラバガニの名産地でもある北海道でもその影響は大きく、毎年多くの人が旬なタラバガニを求めます。

 

タラバガニの価格は年明けから春にかけて下がっていきます。それには年末年始にタラバガニを求める人が多くなる事や、タラバガニの収穫量が春にかけて多くなっていく事が関係してきます。実はタラバガニの旬とされている11月〜3月のうち11月や12月のタラバガニの水揚げ量はそう多くはないのです。それは豊富なプランクトンを含んだ流氷が漁場に流れてくるのは大体が春先だからです。この時期の方が水揚げ量も格段に多くなって価格も幾分下がります。

 

秋から冬にかけてが、タラバガニの旬とされていますがその中でも安く美味しくタラバガニを食べられるのは春先にかけての年末から3月なのです。ですから、もし旬なタラバガニを購入する場合は是非この時期の購入をおすすめします。旬なタラバガニを購入しようとするとやはり値段が高く手が出しにくい物です。少しでも値段の安くなる時期を狙って購入するといいでしょう。

 

アブラガニとタラバガニの違いは?

アブラガニとタラバガニは味に大きな違いがあります。タラバガニは生でも茹でたものでもそのプリプリとした食感と甘みは損なわれる事なく味わう事ができますが、アブラガニの場合は茹でると身が固くなり甘みも損なわれてしまいます。決してアブラガニがまずいといっているわけではありません。脂がのったアブラガニはタラバガニに劣らないほどの甘みを感じることができます。ただ、人によって好みはあると思いますが一般的にタラバガニの方が漁獲数も少なく美味しいとされています。そのため価格にも大きな違いがあり、アブラガニはタラバガニの価格の約2/3ほどの価格で購入できるのです。

 

アブラガニとタラバガニは見た目が非常に似ていて生の場合その違いを見分けるのは難しいかもしれません。生の場合に素人でもすぐに分かる違いが甲羅の中央にある突起の数です。アブラガニは突起が4つなのに対してタラバガニは突起が6つです。この確認方法なら誰でもすぐに確認することが出来ます。しかし、中には冷凍物などでビニールやラップに包まれて突起が確認できない物もあります。そんな場合には前のような違いを確認出来ないので、カニの脚の裏側を見ると良いでしょう。アブラガニは全体が真っ白かもしくはまだらに色が入っているのに対して、タラバガニは第二間接の部分まで色が入っています。これならビニールに包まれていても確認することが出来ます。この確認方法は茹でたカニの場合にも確認することが出来るので生の物や冷凍物に限らず活用することができます。

お得で美味しいタラバガニをランキングでご紹介しております。

 

タラバガニ通販ランキングをご覧ください!

 

 

 

たらばがにはヤドカリの仲間?

タラバガニってカニじゃなくヤドカリの仲間なんですってね。食べるときにはカニでもヤドカリでもあんまり関係ないですけど。まぁ〜美味しきゃいいということですね。タラバガニは体の部分は食べるところはないですよね。スーパーなどでタラバガニが売られているときは脚のみがパックに入っていますよね。その点脚の部分はとても太くって食べごたえがあります。

 

カニの味の好みは人によってさまざまですがタラバガニは毛がに比べると大味のように思います。しかし殻から身が外れやすく一度に口に入れる量が多いので食べたという感じがして満足感も大きいです。タラバガニは冬になるとスーパーなどでも手に入りやすくなっていますよね。確実に手に入れるには最近ではネットを利用する人も多くなっているようです。

 

わたしもカニ類はネット通販を利用しています。ネット上にたくさんのお店がありますが数件から購入して一番気に入ったのは釧路のお店です。値段の割に味も量もよいと思います。とくに自宅で食べるのには訳あり品が気に入っています。1.5kg位で6000円程の値段で購入できます。2〜3人で食べるならお腹いっぱいになります。茹でてあるのでそのまま食べてもよいです。そのままの味が飽きたら蟹の身をサラダやチャーハンなどに使うと日頃食べているものとは違う料理になってしまいますね。