タラバガニの人気の通販店をご紹介!

タラバガニの魅力は豪華さとダイナミックさにあります。繊細さにはズワイガニや毛がにには及ばないかもしれませんが、ガブッとかぶりつける手軽さと醍醐味は他の蟹の追随を許しません。あ〜食べた〜という満腹感・満足感は一番です、子供たちは大喜びしますよね。

 

脚のポーション

ポーション(部位)はとても便利です。タラバガニの脚のポーションはハサミで切れ目を入れてパカっと殻を外せば後はかじりつくだけです。しっかりした歯ごたえが大好きだという人も多いですね。それにポーションだと安価なものも多いのでお財布にも嬉しいです。年末年始など人が集まるご家庭ではとても重宝しますよ。

 

タラバガニのしゃぶしゃぶ

先日、タラバガニとズワイガニのカニしゃぶしゃぶセットというのを通販で購入してみました。食べ比べというちょっとリッチ?な試みをしてみたわけです。しゃぶしゃぶはズワイガニの方が圧倒的に利用されるかと思うのですが、いやいや、タラバガニの方もなかなか美味でしたよ。とろけるようなズワイガニに対して、タラバの方はしっかりとした食感がありました。

 

焼きガニ

ちょっとお高めの居酒屋や料理屋では人気のメニューの蟹を炭火などで焼いた料理は、お金さえあれば頻繁に食べたいですよね、美味しいですから。でも通販を利用すれば自宅で安く焼きガニをすることができます。焼くとなれば当然、タラバですよね。焼いたのが一番美味しいという人も多いのではないでしょうか。

 

内子

北海道の居酒屋で人気のメニューが内子です。タラバガニを食べるなら絶対に内子!って人が北海道には多いのですよ。もしかしたら初耳でほとんど馴染みのない人も多いかもしれません。通販店では内子も扱っているお店があります。一度は食べてみて欲しいです。そのままでもお父さんの晩酌の肴になりますし、サラダなどの料理にも使いやすいのではないかと思います。

 

蟹の種類はいろいろとありますが年末や年始に一番食べたくなるのがタラバガニという人も多いはず。優良なかに通販店を利用してくださいね。

 

 

タラバガニの内子と外子について

タラバガニの雌は、内子と外子という卵を持っています。内子と外子はどちらもタラバガニの卵として、珍味として扱われています。子持ちタラバガニなどと呼ばれている商品にも、内子と外子が含まれています。しかし、卵とは言いながらも、内子と外子は実際は別物です。

 

タラバガニの内子とは、雌の卵巣のことです。カニの甲羅の中に入っており、生の状態だと紫色っぽく見えて、ボイルした場合はオレンジ色になります。内子は塩漬けやしょうゆ漬けにして食べると美味です。しっかり水で洗ってから調理するのがポイントになります。外子は内子に対して雌のタラバガニの甲羅の外側にある卵です。卵巣である内子と比べても、外子のほうが正しい意味でのカニの卵でもあります。タラバガニの前掛けと呼ばれるお腹の部分にくっついているのが外子です。黒っぽい色で、房ごとになっている粒状の物体です。外子を食べる時の注意は、外子の筋は食べられないこと、塩水で洗い、しっかり水気を切ることです。タラバガニの外子を美味しく食べるには、しょうゆ漬けにしたり、わさび醤油や三杯酢やマヨネーズにつけたりするのがおすすめです。ポン酢もタラバガニの外子にピッタリの味付けになります。

 

 

タラバガニの美味しい食べ方

タラバガニの食べ方には刺身、茹で、焼き、しゃぶしゃぶなどと様々な物がありますがおすすめなのが火を通した食べ方です。もちろん活きの良いタラバガニは刺身でも十分美味しいのですが、鮮度が味の重要な決め手となるタラバガニは時間が経つと本来の甘みや旨みを十分に味わう事ができません。火を通す食べ方だと多少鮮度が落ちていても美味しく食べる事ができますし、食べ方も多様なのでタラバガニの美味しさを十分に味わう事が出来るのです。

 

タラバガニの最も有名な食べ方といえば茹でタラバガニでしょう。タラバガニのプリッとした食感と凝縮された甘みを味わう事ができます。
茹でるという食べ方で美味しいと一般的に知られているのが浜ゆでタラバです。浜ゆでタラバとは水揚げされてすぐ新鮮なままのタラバガニを港で茹でたものです。一度に沢山のカニを豪快に大鍋で茹で上げるのもです。鮮度が非常に良いものなので食感も味も良く多くの人に親しまれています。

 

浜ゆでタラバといった名称の冷凍物がよく通販などで出回っています。実際に現地に行く事のできない場合は便利で良いでしょうが、出来るだけ現地で浜ゆでされた直後のタラバガニを食べることをお勧めします。決して冷凍物が美味しくないというわけではありませんが、現地で食べる美味しいタラバガニに比べると冷凍されている分多少鮮度が落ちてしまいます。もし美味しいタラバガニを食べたいのならカニの本場で新鮮な浜ゆでタラバを食べるのが一番なのです。

 

 

タラバガニの旬

タラバガニの旬の時期は秋から冬にかけて、11月〜3月といわれています。それはオホーツク海から流れてくる流氷にのって豊富なプランクトンがタラバガニの生息する区域に流れ出し、それをタラバガニが餌にしていきます。豊富な栄養を取ったタラバガニは他の時期の物に比べて身の付きが良く、味も格段に良くなるのです。そのためタラバガニの旬である時期は多くの観光客、全国各地のカニ好き達が美味しいタラバガニを買い求めるのです。タラバガニの名産地でもある北海道でもその影響は大きく、毎年多くの人が旬なタラバガニを求めます。

 

タラバガニの価格は年明けから春にかけて下がっていきます。それには年末年始にタラバガニを求める人が多くなる事や、タラバガニの収穫量が春にかけて多くなっていく事が関係してきます。実はタラバガニの旬とされている11月〜3月のうち11月や12月のタラバガニの水揚げ量はそう多くはないのです。それは豊富なプランクトンを含んだ流氷が漁場に流れてくるのは大体が春先だからです。この時期の方が水揚げ量も格段に多くなって価格も幾分下がります。

 

秋から冬にかけてが、タラバガニの旬とされていますがその中でも安く美味しくタラバガニを食べられるのは春先にかけての年末から3月なのです。ですから、もし旬なタラバガニを購入する場合は是非この時期の購入をおすすめします。旬なタラバガニを購入しようとするとやはり値段が高く手が出しにくい物です。少しでも値段の安くなる時期を狙って購入するといいでしょう。

 

 

アブラガニとタラバガニの違いは?

アブラガニとタラバガニは味に大きな違いがあります。タラバガニは生でも茹でたものでもそのプリプリとした食感と甘みは損なわれる事なく味わう事ができますが、アブラガニの場合は茹でると身が固くなり甘みも損なわれてしまいます。決してアブラガニがまずいといっているわけではありません。脂がのったアブラガニはタラバガニに劣らないほどの甘みを感じることができます。ただ、人によって好みはあると思いますが一般的にタラバガニの方が漁獲数も少なく美味しいとされています。そのため価格にも大きな違いがあり、アブラガニはタラバガニの価格の約2/3ほどの価格で購入できるのです。

 

アブラガニとタラバガニは見た目が非常に似ていて生の場合その違いを見分けるのは難しいかもしれません。生の場合に素人でもすぐに分かる違いが甲羅の中央にある突起の数です。アブラガニは突起が4つなのに対してタラバガニは突起が6つです。この確認方法なら誰でもすぐに確認することが出来ます。しかし、中には冷凍物などでビニールやラップに包まれて突起が確認できない物もあります。そんな場合には前のような違いを確認出来ないので、カニの脚の裏側を見ると良いでしょう。アブラガニは全体が真っ白かもしくはまだらに色が入っているのに対して、タラバガニは第二間接の部分まで色が入っています。これならビニールに包まれていても確認することが出来ます。この確認方法は茹でたカニの場合にも確認することが出来るので生の物や冷凍物に限らず活用することができます。

お得で美味しいタラバガニをランキングでご紹介しております。

 

タラバガニ通販ランキングをご覧ください!

 

 

 

たらばがにはヤドカリの仲間?

タラバガニってカニじゃなくヤドカリの仲間なんですってね。食べるときにはカニでもヤドカリでもあんまり関係ないですけど。まぁ〜美味しきゃいいということですね。タラバガニは体の部分は食べるところはないですよね。スーパーなどでタラバガニが売られているときは脚のみがパックに入っていますよね。その点脚の部分はとても太くって食べごたえがあります。

 

カニの味の好みは人によってさまざまですがタラバガニは毛がに比べると大味のように思います。しかし殻から身が外れやすく一度に口に入れる量が多いので食べたという感じがして満足感も大きいです。タラバガニは冬になるとスーパーなどでも手に入りやすくなっていますよね。確実に手に入れるには最近ではネットを利用する人も多くなっているようです。

 

わたしもカニ類はネット通販を利用しています。ネット上にたくさんのお店がありますが数件から購入して一番気に入ったのは釧路のお店です。値段の割に味も量もよいと思います。とくに自宅で食べるのには訳あり品が気に入っています。1.5kg位で6000円程の値段で購入できます。2〜3人で食べるならお腹いっぱいになります。茹でてあるのでそのまま食べてもよいです。そのままの味が飽きたら蟹の身をサラダやチャーハンなどに使うと日頃食べているものとは違う料理になってしまいますね。